【 Q & A 】
このページは、学生さんからの質問や、 実験実習を受講するときに有益になるだろうと思われる事柄についてQ&A形式で説明することを目的に作成しました。
  
1. Q.平均値て何。
 
2. Q.MicroSoft Excelで統計処理はできますか。
  A.簡単な統計処理はできます。
Excelで、統計処理を行うためには、分析ツールが設定されていなければなりません。
○分析ツールの設定方法
○基礎統計量
○t 検定(2群の比較)
○t 検定(一対の標本による比較)
○分散分析(一元配置)
○回帰分析
 
  Q.Excelでセル(Cell)、行(Row)、列(Column)の名前が出てきますが、これらの意味を教えてください。
  A.

Excelは、表計算ソフトです。表は行(Row)と列(Column)から構成されます。行と列が交わった点(表のます目)をセル(Cell)と呼びます。セルは表の最小単位です。別の見方をすれば、セルの横並びを行(Row)、縦並びを列(Column)と解釈できます。また、データベースでは、Excelの行がレコード(Record)、列がフィールド(Field)、セルがデータ(Data)、表全体(Sheet)をレコードセット(Record Set)に対応させることができます。

 
  Q.Excelのセルの中に、2110311310101121200010032000303300とアンケート結果を入力したところ、
セルの内容が2.11031131010112E+33と変化しました。長い数字列は入力できないのでしょうか?
  A.

この現象は、Excelが上記数字列を数字として認識したために生じたものです。
長い数字列をセルの中に入力する為には、数字列を文字列として認識させる必要があります。
具体的な方法は2つあります。
1つ目は、数字列を入力する前に ’ (シングルコーテーション)を入力その後、数字列を入力する。
’2110311310101121200010032000303300 と入力する方法。
2つ目は、セルの表示書式を標準もしくは数値から文字列にすれば、解決できます。

 
  Q.Excelを使用していると時々「3.10E+02」などがついた数値が表示されますが、
このは、エラーのでしょうか。
  A.

このはExponential(指数)のEです。ErrorのEではありません。具体的には、10の指数部を表示しています。 E+02は、10の2乗で、100になります。もし、E-05であれば、10の5乗分の1すなわち100,000で割った値になります。ですから 3.10E+02は、3.10×100で310を意味します。ちなみに3.10E-05であれば、3.10÷100,000で0.000031となります。

 
  Q.Excelを使用していたら#DIV/O! とセルに表示されました。これはどういう意味ですか。
  A.

#DIV/0! は、0で割り算を行ったことを意味します。数式やデータをもう一度確かめて下さい。

 
  Q.

友人からExcelで記述されたファイルをコピーし、自分のコンピュータで開こうとしたら、 以下のようなメッセージが表示されました。どうしたらいいのでしょうか。
------------------------------------------------------------
????.xlsはマクロを含んでいます。
マクロにはウィルスが含まれている可能性があります。マクロを無効にすると安全ですが、マクロが適正な場合、機能が使えなります。
【マクロを無効にする】 【マクロを有効にする】 【詳細】
------------------------------------------------------------

  A.

開こうとするファイルにマクロを組み込んだのが友人であること。またそのマクロが適正であることの確証がない限り、【マクロを無効にする】ことをお勧めします。また、外部(フロッピーディスク、CD、インターネットなど)から自分のコンピュータへデータやプログラムをコピーするときは、ウイルスのチェックをすることを心がけましょう。出所不明なデータ、プログラムはコンピュータへ登録することは止めましょう。

 
  Q.

Excel97でマクロを組んでいましたが、Excel2000にバージョンアップしたら、マクロが使えなくなりました。何故でしょうか?

  A.

セキュリティが高(H)に設定されている可能性があります。以下の手順でセキュリティーレベルを変更してみて下さい。(導入初期状態はセキュリティレベルは高(H)に設定されています。)
メニューバー ⇒ ツール(T) ⇒ マクロ(M) ⇒ セキュリティ(S) ⇒ 中(M)を選択し、【OK】を押す。この方法で解決できない場合には、Excelに詳しい人に問い合わせて下さい。

 
  Q.関数とは何ですか。
  A.

Y=F(X1,X2,X3,...Xn)といった式が関数です。このとき Xi を引数、Yを関数値と呼びます。
例)果物屋での関数について、
りんご1個50円、みかん1個30円、ばなな1本10円の買い物の関数を考えます。
関数値は支払い総額です。
支払い総額=果物屋(りんごの個数、みかんの個数、ばななの本数)となります。
これをVBAで記述すると
Function Shiharai (Ringo, Mikan, Banana)
              Shiharai=Ringo*50 + Mikan*30 +Banana *10
end function
となります。
りんご5個、みかん3個、ばなな10本の支払い総額(Pay)は
Pay=Shiharai(5,3,10)となります。関数内部で5*50+3*30+10*10=440と計算し、Pay=440という値が決まります。Excelには平均値関数のAVERAGEを初め多数の有用な組み込み(あらかじめ登録されている)関数があります。この関数群を使うとすばやく、簡単に必要な計算ができます。Excelを多数の人が利用する目的は、この関数の豊富さと使いよさのためでしょう。必要な関数がない場合には、当然自分でつくることも可能です。そのためには、VBAの知識が若干必要になります。

 
  Q.逆転項目を含むデータの採点をExcelで行いたいのですが。
  A. 逆転項目とは5点満点のデータで、素点が1点であれば5点、2点→4点・・5点→1点 というようなデータを含むという意味ですね。
逆転項目の採点について少し考えて見ましょう。
1点→5点; 1+5=6
2点→4点; 2+4=6
3点→3点; 3+3=6
4点→2点; 4+2=6
5点→1点; 5+1=6
上述の右式は素点と変換後の値を合計したものです。全て6になっていますよね。
このことから、5点満点の逆転項目の値を知るには、Y=6−X
(Y:変換後の値、X:素点)を利用すればいいみたいですね。
1点から始まりN点満点のデータ変換式は、Y=(N+1)−X になります。
1点以外から始まる変換式について興味があれば考えてみて下さい。
さて、Excelのシートの1行目に項目名、2行目以降にデータが記載されているデータについての 実際例を見る場合は、ここをクリックして下さい。
 
  Q.最大値と最小値を除いた平均値を求めたいのですが、いい方法はありますか?
  A. 最大値を求める関数:MAX、最小値を求める関数:MINと合計を求める関数SUMを使うと簡単に計算できます。
例としてA1からE1までの5個のセルに数値が入っているものとします。最大、最小値を除いた平均値をF1に記入することにします。
まず、最大値を求めるには MAX(A1:E1) 。次に最小値を求めるには MIN(A1:E1)です。
さらに、全体の合計は、SUM(A1:E1)です。
そこで、F1のセルに =(SUM(A1:E1)-MAX(A1:E1)-MIN(A1:E1))/3と記述すれば5個のデータのうち
最大値と最小値を除いた平均値が計算されます。
 
3. Q.MicroSoft Power Pointでグラフを使いたいのですが。
  A. ○PowerPointで直接作成する方法
○Excelで作成したグラフを使用する方法
 
  Q.MicroSoft Power Pointに画像をはりつけたいのですが。
  A. ○JPEG,TIFF形式のファイルから
○コンピュータモニター画面を