回帰分析
【前画面に戻る】
 
Step 1. データを入力する。
○1行目には変数の名前を記載する。
○2行目以降に実際のデータを記載する。
 
Step 2.メニューバーのツール(T)をクリック、分析ツールをクリックする。
回帰分析を選択し、OKボタンを押す。
 
Step 3. 入力Y範囲(従属変数)、と入力X範囲(独立変数)を設定する。 
今回の分析モデルは、TEN = F(DEP, ANG, VIG)です。 
・変数名が、1行目に設定されているので、ラベルのスイッチはチェックを入れています。
・OKボタンを押す。
 
Step 4.出力結果

 

この出力結果から分かること

  1. 変数TENは、変数DEP,ANG,VIGの3つの変数で61%(重決定R2=0.61より)説明できる。
  2. 変数TENを、変数DEP,ANG,VIGの3つの変数で推定することは、意味がある。
    (分散分析表 有意F=0.001より)
  3. 変数TENは、
    TEN=12.21 + 0.258*DEP + 0.415*ANG - 0.177*VIGとして表現できる。
【前画面に戻る】