第5回九州スポーツ心理学公開研究会

−自主性・個性化と競技パフォーマンス−
 
日    時 : 平成4年3月14日(土) 9:20〜17:10 (受 付: 8:30〜 )
会    場 : 福岡大学セミナーハウス
福岡市中央区六本松3丁目4−20  TEL 092-751-8141
天神町より 六本松方面に私鉄バスに乗り 護国神社前下車。徒歩3分。
参加費 : 1,000円(第4回九州スポーツ心理学会研究会報告書代含む)
協    賛 : K.K.トーヨーフィジカル K.K.シー・アール・シー
 
【開会の挨拶】
 
T一般発表
1.運動スキルと学習 (9:30〜10:20) 司会 森 司朗 (鹿屋体育大)
 
○運動技能学習におけるVMBRの効果−ダートスローイングを用いて− 瀧田文隆 (福岡大大学院)
○運動学習と自己効力感 園田順一 (鹿屋体育大)
○位置決め課題の正確さからみた手と空間の左右差 今中国泰 (長崎大)
 
2.加齢と体力 (10:20〜10:55) 司会 磯貝浩久 (九州工業大)
 
○加齢指標としてのタッピングの有効性の検討 古谷 学 (鹿屋体育大大学院)
○老人の体力について 谷口幸一 (鹿屋体育大)
 
3.運動と感情 (11:05〜11:55) 司会 山内正毅 (長崎大)
 
○運動後の休息が精神的作業に及ぼす影響 高柳茂美 (九州大)
○自転車エルゴメーターを用いた中等度運動による感情の変化 瀧 豊樹 (第一経済大)
○快適自己ペース走時の運動強度と感情の変化 橋本公雄 (九州大)
 
昼食 (11:55〜13:00)  
 
4.競技力向上と心理的能力 (13:00〜14:05) 司会 秦泉寺 尚 (宮崎大)
 
○運動イメージの鮮明度についての調査 その(1) 橋本 誠 (福岡大大学院)
○Psychological Skills Inventroy for Sportsの因子的妥当性について(2) 笹川英生 (福岡大)
○集中力に及ぼす不安の影響 渡植理保 (福岡大)
○自主性・個性の理論的探求 山本教人 (九州大)
 
U特別講義 「スポーツ選手の自主性と個性化」 (14:15〜15:15)
  講師   山本勝昭 (福岡大学体育学部教授)
  司会   岩崎健一 (熊本大学)
 
Vシンポジウム 「自主性と個性化をめぐる問題−優勝監督・選手に聞く−」 (15:30〜17:10)
  演者   吉村 明  (中村学園高校、全国高校選抜バスケットボール大会優勝コーチ)
   河村邦彦  (筑紫女学園高校、全国高校駅伝優勝監督)
   田中恵美子  (福岡県弓道連盟、全日本女子弓道選手権優勝者)
  司会   徳永幹雄  (九州大学)
 
W懇親会 (17:20〜19:00)  
 
Home 大会Index previous (4th Program) next (6th Program)