九州スポーツ心理学会第 22回大会
「スポーツ心理学の社会的貢献」
日 時 1日目 平成21年3月7日(土) 受付 12:00~  
  2日目 平成21年3月8日(日) 受付 9:00~  
会 場   九州共立大学  
  北九州市八幡西区自由ヶ丘1-8 スポーツ学部A 館、B 館  
参加費 会員¥3,000 当日会員及び学生会員¥2,000  
【3月7日(土)】
11:00 ~ 12:00 理事会 ( B館201 )
12:00 ~   受付 ( B館2階 )
13:00 ~ 13:05 会長挨拶   会長 山本勝昭 福岡大学
13:05 ~ 14:35 特別講演 ( B 館404 ) 司会 磯貝浩久 九州工業大学
  「世間学からみたスポーツ」 講師 佐藤直樹 九州工業大学
14:45 ~ 16:05 シンポジウム1 ( B 館404 ) 司会 兄井 彰 福岡教育大学
  「アダプテットスポーツへの心理的サポート」 演者 洞ノ上浩太 Team SUNDISK
   ※洞ノ上浩太氏:
北京パラリンピック車いす陸上5000mとフルマラソンに日本代表として出場し,両種目とも5 位入賞
  内田若希 福岡県立大学
  山﨑将幸 九州大学大学院
16:15 ~ 17:45 フォーラムⅠ ( B 館204 ) 司会 伊藤友記
下園博信
九州共立大学
  「JISS における心理的サポートの実際」 演者 平木貴子
織田憲嗣
国立スポーツ科学センター
16:15 ~ 17:45 フォーラムⅡ ( B 館306 ) 司会 橋本公雄 九州大学健康科学センター
  「地域におけるウォーキングを用いた健康づくりの取り組み―如何にして継続させるか―」 演者 平島陽子 筑紫野市健康推進課
  藤原大樹 九州大学大学院人間環境学府
  堀田亮 九州大学大学院人間環境学府
  竹中晃二 早稲田大学人間科学学術院
  指定討論者 吉川政夫 東海大学体育学部
17:50 ~ 18:20 総会 (B 館204)
18:30 ~   情報交換会 (A 館2 階 リフレッシュコーナー)
【3月8日(日)】
08:30 ~   受付 (B 館2 階)  
09:00 ~ 10:20 学生企画 (B 館204) 企画・司会 本多芙美子 九州大学大学院・CMAS スクーバダイビングインストラクター
「スポーツ心理学を専攻する大学院生・研究生に求められるコミュニケーション能力とは」 話題提供者 福盛英明 九州大学健康科学センター
准教授
水原博而 九州スポーツクラブ協議会会長
前博多全日空ホテルヘルスクラブサンテロア支配人
企画・話題提供者 谷川知士 福岡大学大学院
地域生活支援センター専任コーディネー
10:30 ~ 12:00 シンポジウムⅡ (B 館204) 司会・演者 山津幸司 佐賀大学
文化教育学部
大学体育を活用した健康づくり戦略とその可能性 演者 木内敦詞 大阪工業大学
知的財産学部
  清水安夫 桜美林大学
健康福祉学群
12:10 ~ 13:10 昼食  
13:20 ~ 15:00 ポスター発表 (B館1階 ラウンジ)
1. 障害者スポーツ指導者に必要な資質に関する調査研究
―指導者協議会九州ブロック研修・研究部会の取り組みの報告#2―
内田 若希
2. 学生の健康度・生活習慣改善を意図した行動変容技法による介入効果
正野 知基
3. プロジェクト・アドベンチャー教育の実践研究(Ⅰ)
―大学生のリーダーシップ養成の可能性の検討―
尼崎光 洋
4. プロジェクト・アドベンチャー教育の実践研究(Ⅱ)
―大学生のフォロアーシップ養成の可能性の検討―
煙山 千尋
5. メンタルトレーニングにおける目標設定に対するモバイルツールの有効性
及川 和美
6. 生活習慣とソーシャルスキル及びメンタルヘルスの関連性に関する研究
倉藤 利早
7. 大学スポーツ選手に対するスポーツメンタルトレーニングの効果
~メンタルトレーニング講習後の選手自身によるプログラム作成~
田島 誠
8. :陸上競技選手の月経に対するイメージ 小田 有里彩
9. バドミントンパフォーマンスと動体視力の関連性の検討 瀬戸 祐介
10. サッカー選手によるサッカーコーチ及びサッカーチーム評価尺度作成の試み 国吉 大二郎
11. 組織キャンプ体験によるコミュニケーションスキルおよびメンタルヘルス向上へのソーシャルサポ ート介入の効果検証 甲木 秀典
12. ウォーキング行動に対する計画行動理論の予測力
-ウォーキング実践で変化するか?-
阿南 祐也
13. 運動・スポーツ活動におけるメンタルヘルス効果の仮説モデル
―心理・社会的要因を媒介変数として―
橋本公雄
14. 運動に伴う感情変化の心理的要因尺度の開発 本多 芙美子
15. スポーツドラマチック体験とポジティブ特性の関係
-主観的規範の再検討-
野津 亜季
16. 大学野球選手に対する心理的サポートの一例
-サポート期間の違いによる心理面・試合結果への影響-
荒井 久仁子
17. 子どもにおける身体活動ガイドラインの検討
―メンタルヘルスとの関係から―
山添 健陽
18. スポーツ経験を通じてライフスキルは獲得されるのか
―縦断調査による因果関係の推定―
島本 好平
19. スポーツ・キャリアパターンを規定する心理社会的要因Ⅱ
‐学校適応感と部活動適応感に着目して‐
山崎 多瑛
Home 大会Index previous (21th Program) next (23th Program)