九州スポーツ心理学会第23回大会プログラム

 

大会テーマ:「チームワークとパフォーマンス」

日時 1日目:平成22月6日(土) 受付 1300

   2日目:平成22年3月7日(日) 受付  830

会場 九州大学筑紫キャンパス (福岡県春日市春日公園61

参加費 会員 \3,000 当日会員及び学生会員 \2,000

 

月6日(土)】

12301330  理事会(C-Cube2階 Eミーティングルーム)

13001350  受付(C-Cube1階 筑紫ホール前)

13501400  会長挨拶 山本勝昭(福岡大学)

14001500  基調講演(C-Cube1階 筑紫ホール)

                テーマ:「チームワーク育成への心理学的アプローチ」

                講 師:山口裕幸(九州大学)  司 会:杉山佳生(九州大学)

15101640  シンポジウムT(筑紫ホール)

                テーマ:「チームビルディングの理論と実際」

                司   会:磯貝浩久(九州工業大学)

                演   者:永尾雄一(国立スポーツ科学センター) 河津慶太(九州大学大学院)

                      吉澤洋二(名古屋経済大学)

                指定討論者:山口裕幸(九州大学)

16501810  ワークショップ(筑紫ホール)

                テーマ:「チームづくりの事例から学ぶ」

                司   会:下園博信(九州共立大学)

                演   者:井上光成(NPO法人スポーツGEAR) 蓑内 豊(北星学園大学)

16501810  フォーラムC-Cube3階 講義室302303

                テーマ:「一流選手のものの見方、考え方 ―聞く・わかる・捨てる―」

                司会・演者:今村律子(福岡大学)

                演   者:吉田達正(吉田テニススクール代表) 里崎貴行(福岡大学スポーツ科学部)

                指定討論者:山口幸生(福岡大学)

18302000  情報交換会(学内食堂ぞんね)

 

【3月7日(日)】

 830 900  受付(筑紫ホール前)

 9001020  学生企画(筑紫ホール)

                テーマ:「スポーツ文化の現場への応用 ―スポーツマンガを上手に使おう―」

                企画・司会:谷川知士(福岡大学大学院)

                演者・企画:須崎康臣(福岡教育大学大学院)

                演   者:横山千尋(福岡大学大学院) 谷本英彰(九州大学大学院)

                企画・指定討論者:河津慶太(九州大学大学院)

10301200  シンポジウムU(筑紫ホール)

                テーマ:「運動行動のアドヒアランスの高め方 ―理論・モデルと実践―」

                司会・演者:橋本公雄(九州大学)

                演   者:堤 俊彦(近畿医療福祉大学) 森 司朗(鹿屋体育大学)

12001230  総会(筑紫ホール)

12301330  昼食

13301500  ポスター発表(福利厚生施設(ビスタ)集会室)


ポスター発表演題一覧

                    在席責任時間 演題番号奇数 1330分〜1415

                           演題番号偶数 1415分〜1500

 

1.身近な環境を生かしたウォーキングの心身への効果

   山本達朗・大平誠也・松本 薫

2.一過性の心理的ストレスが投球課題に及ぼす影響について

   山田将之

3.テニス競技選手の心理的競技能力向上を意図したプレースタイルに関する実践的研究

   徳久かおり・加倉井美智子・内田若希

4.大学生のセルフ・ハンディキャッピングに関する研究

   日田綾香・山本勝昭・徳島了・横山千尋

5.スポーツ集団におけるMPS尺度の開発             

   藤末浩司・Doosub JAHNG・磯貝浩久

6.長崎県ジュニア選手に対して継続実施するメンタル面強化の影響

   石井 聡

7.中学生の心理的競技能力得点 ―競技種目、運動技能による比較―

   山内正毅

8.過去のスポーツ競技の経験がトライアスロン競技に及ぼす影響 〜質的研究からのアプローチ〜

   和多野 大

9.弓道選手版心理的スキル尺度の作成

   煙山千尋・茂木俊彦

10.グループエンカウンターを用いた大学体育授業の効果 ―リーダーシップ及びフォロワーシップ

  醸成の可能性の検討―

   尼崎光洋・煙山千尋・清水安夫

11.脳血流動態からみた運動学習過程の分析

   坂元瑞貴・谷川知士・横山千尋・日田綾香・山本勝昭・磯貝浩久・徳島了・今村律子・千葉寛子

12.スポーツにおけるポジティブな社会的態度の決定要因としての価値観と達成目標              

   近藤明彦・川北準人・羽鳥健司・市村操一

13.体育授業における動機づけ雰囲気及び学習意欲の短縮版測定尺度の検討

   中須賀 巧

14.テニス用タイミング予測トレーナーのトレーニング効果に関する研究

   児玉光雄・杉山佳生・高橋仁大・小山祐輔

15.高齢者の認知機能と日常生活での活動の関係について

   堀田 亮・橋本公雄・藤原大樹

16.比較的強度の高い運動が気分・感情変化に与える影響

   清水安夫・煙山千尋・尼崎光洋

17高校ソフトテニス選手に対するメンタルトレーニングの実践報告 ―フォローアップの効果―

   荒井久仁子・岩崎健一

18.運動に伴う感情変化のメカニズムの検討

   本多芙美子・橋本公雄

19.距離感覚・時間感覚・筋感覚と有能感に関する研究 ―学生野球選手を対象に―

   濱田洋輔・小川良太・山本勝昭・徳島 了

20.アスリートのセルフトークと行動ルーチン

   橋本裕子・野中莉沙・山本勝昭・徳島 了

21POMSと集中力との関係

   坂西真弥・山口幸奈・山本勝昭・徳島

22.ゲルマニウム経突貼付による身体反応及びプラシーボ効果について

   河村奈緒美・三好智子・山本勝昭

23.初心者に対するPerformance Routineの指導効果 ―フリースロー課題に着目して―

   熊崎絵理・杉山佳生・河津慶太

24.組織キャンプ体験によるメンタルヘルス変容モデルの検証 ―コミュニケーション・スキルを媒介

  要因として―

   甲木秀典・橋本公雄

25.中学・高校時代における運動部の組織風土が創造的態度へ及ぼす影響

   井上百愛・橋本公雄

26.中学生サッカー選手における指導者からの言葉がけが心理面及び運動量に及ぼす影響について

   伊志嶺太作・高妻容一・堀田健治

 

Home

大会Index

Previous(22th Program)

Next(24th Program)